ここから本文です

【アウディ TechDay 16】スワームインテリジェンスから見えてくる、自動車社会の未来

レスポンス 9月8日(木)20時15分配信

ドイツの高級車ブランド、アウディは、ドイツ・ミュンヘンにおいて「TechDay」というイベントを報道陣向けに行った。アウディの最先端技術を披露するイベントで、様々な国から訪れた報道陣を相手に、次々と最新技術が紹介された。

[関連写真]

今回紹介された「スワームインテリジェンス」のスワームとは英語でハチなどの「群れ」を意味し、これは大きなグループの複合的な情報を共有、利用するシステムを指している。他のクルマが集めた情報を活用しようという試みで、自動運転の実現には不可欠とも言われている技術だ。

では、具体的にどういうことが可能になるのか?それをわかりやすく展示するため用意されたのが、1/8によるモデルカー。自動的にコース上を走り始めたアウディ『Q5』のモデルカーは、自車に搭載されたセンサーを使い標識などを読み取る。集められたデータは、今回擬似的に併設されたスクリーンで確認することができた。

次に、もう一台のモデルカーが発進。しかしすぐに「事故」で道路上に止まってしまった。この事故データはネットワークですぐにクラウド上の地図に記載され、繋がっているもう1台のクルマは事故情報を事前に知ることができる。この障害物情報を早期に把握することで、適切に対応する(この場合は避けて走行する)ことができるのだ。

最後に路上パーキングのデモを実演。2台のモデルカーがコースを走り、1台のクルマが路上の空き情報を確認。駐車場所を探している別のクルマが、そのデータをもらい、駐車するというものだ。そして最初のクルマが戻ってきて、すでに別のクルマが止まっている場所を把握した上で、自動駐車することに成功した。

このようなシステムはすべてオンライン上で地図データを共有しているからこそ可能になる技術。アウディによると、すでに1年前から70台のアウディ社員のクルマにセンサーが取り付けられてテストが行われており、ヨーロッパのどこを走っているのか地図上で把握できるという。ただ、どのクルマがどこにいるかまでは個人情報保護の観点から、わからないようになっているということだ。

〈取材協力:アウディ〉

《レスポンス 関 航介》

最終更新:9月13日(火)22時57分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]