ここから本文です

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

アスキー 9月8日(木)22時7分配信

「近年ではもっとも完成度の高いiPhone」と、実際にiPhone 7に触れたフリージャーナリストの本田 雅一さんからコメントが到着!

近年ではもっとも完成度の高いiPhone
 見た目だけ、機能だけであれば、手堅く確実に完成度を高めただけに見えるかもしれない。
 
 実際、iPhone 7は極めて手堅く作られており、機能面でまったくの新規アイディアはないものの、世の中にある様々なニーズを組み上げ、徹底的に磨き上げたという印象だ。たとえばカメラ機能だが、フラッシュLEDの光量向上や光学式手ぶれ補正の搭載、レンズ口径の拡大など、当然期待される内容をクリアしながら、一方で画質すなわち「質」の面で徹底的にこだわっている。
 
 デュアルカメラのiPhone 7 Plusの画質は、さらにそれを上回る。年内には深度計測によってボケ味を加える機能も加わる。ディスプレイは美しさだけでなく「正確さ」も感じられ、防水機能や日本市場のみに特化したFeliCa対応(他国に出荷するモデルには搭載されない)するなど、スペックやカタログ写真には現れない細かなディテールにこだわった姿勢を感じた。近年ではもっとも完成度の高いiPhoneだと思う。
 
 一方、本機の登場で高級Androidスマートフォンは、その多くが存在価値を失ったように思う。
 
本田 雅一(ほんだ まさかず)
 
 フリーランスジャーナリスト、コラムニスト。IT、モバイル、オーディオ&ビジュアル、コンテンツビジネス、モバイル、ネットワークサービス、インターネットカルチャーなど、テクノロジーとインターネットで結ばれたデジタルライフ、それらの関連技術、企業、市場動向について、知識欲の湧く分野全般をカバーする。
 
 
 
文● 本田 雅一

最終更新:9月23日(金)16時22分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]