ここから本文です

【セントウルS】ネロ 当然のごとく超抜時計で2馬身先着「千二でもこのデキの良さなら」

東スポWeb 9月8日(木)21時29分配信

【セントウルS(日曜=11日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)注目馬8日最終追い切り:栗東】ネロは坂路で僚馬ヨシオ(3歳1000万下)を追走。中間地点で早くも標的に並びかけ、ラスト1ハロン手前で満を持してゴーサインが送られる。2馬身差をつけて悠々とゴールを駆け抜けた。超抜時計が当たり前の攻め爆走タイプとはいえ、4ハロン48・7―12・5秒を難なく叩き出すのだから恐れ入る。陣営も初重賞タイトル奪取に意欲を見せた。

 早川助手「まあ、攻めはいつも動くからね。ベストは1000メートルだろうが、1200メートルでも結果は出している。開幕週の馬場もいいし、このデキの良さなら」

最終更新:9月8日(木)21時29分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]