ここから本文です

入谷でおもてなしイベント「good day入谷」 地元の店舗22店参加 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)18時32分配信

 入谷エリアで9月から11月までの毎月第2土曜、22店舗のショップが特別なおもてなしを行うイベント「good day 入谷」が開催される。(上野経済新聞)

 同イベントは、入谷駅近くのイベントスペース「SOOO dramatic!」(台東区下谷1)とゲストハウス「toco」(台東区下谷2).、アートスペース「そら塾」(台東区根岸3)の3店が中心になり立ち上げ、今年4月から6月まで3回開催してきた。

 SOOO dramatic!の代表・今村ひろゆきさんは「入谷は上野、浅草、谷根千と集客の多い街に囲まれているが、それらより少し家賃が安かったり、雰囲気の良い路地が残っていたりと、穴場の街だった。そこに目をつけた店主がさまざまなお店を出店するようになり、よいお店が増えてきた。そろそろ入谷の魅力を発信していく時期だと考え、地域のショップに声をかけ、割引やプレゼント、ワークショップ開催といった、普段とは違った特別なおもてなしをすることにした」と話す。

 過去に開催した際は16店舗の参加だったが、9月からは22店舗に増やした。運営は各店舗が持ち回りで行う。「飲食店を中心にお米屋さん、花屋さん、照明メーカー、陶芸工房のほか、今回からは台東区の博物館も参加する。SOOO dramatic!では、ワークショップや雑貨・アクセサリー等の販売をする『good day market』を開催。参加店が増えたことで、多様化してより楽しんでいただけるようになった」と今村さん。各店舗でスタンプを集めると、オリジナルのエコバッグがもらえるスタンプラリーも行う。

 「春の開催時には、お子さま連れのお母さんや近所のご老人など、普段の営業で出会う人とは違ったお客さまとの出会いがあった。手作りハム・ソーセジの店TAKE-ZOでは、このイベントで新規顧客が30人も増えたという。横浜や渋谷などからわざわざお越しいただいた方もいて、入谷の街を知ってもらえたという手応えがあった」と話す。「今回も入谷の古い町並みや風情、文化、人などを好きになってもらって、良い街だなと思っていただけたら。入谷へgood day(良い1日)を体感しに来てほしい」と意気込む。

 開催日は9月10日(土)、10月8日(土)、11月12日(土)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)18時45分

みんなの経済新聞ネットワーク