ここから本文です

検事の不正疑惑 最高検が特別チーム設置=韓国

聯合ニュース 9月8日(木)17時39分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国大検察庁(最高検)の監察本部は7日、金ヒョン俊(キム・ヒョンジュン)部長検事の不正疑惑を解明するため、特別監察チームを設置する異例の措置を取った。

 金検事の不正疑惑に直接・間接的に関わり監察対象に含まれる検事は10人以上に上るとされ、未曾有の事態となった。

 検察は「特別監察チームはこの事件に関し、提起された全ての不正疑惑を徹底的に調査し、過ちを犯した者には相応の処分を科す」とした。

 金検事は電子機器などの流通メーカーを運営する知人から金品や接待を受ける見返りに、知人が70億ウォン(約6億5000万円)台の詐欺・横領の罪で告訴された事件をもみ消そうと、ソウル西部地検で捜査を担当する多数の検事に配慮するよう依頼した疑いが持たれている。

 この知人は先月、詐欺・横領の疑いで逮捕状が請求されると、逃亡を図るとともにマスコミに金検事の不正を暴露した。

 法務部はこの日、金検事を2か月の職務停止とした。

最終更新:9月8日(木)18時20分

聯合ニュース