ここから本文です

iPhone 7/7 PlusとAirPodsを体験! 現地会場から動画レポート

ITmedia PC USER 9/8(木) 12:41配信

 Appleは9月7日(現地時間)、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムでスペシャルイベントを開催し、新型「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表しました。基調講演終了後、ホール隣のスペースに設けられたタッチ&トライ会場で新製品を試すことができたので、一部新機能を動画に沿ってご紹介します。

【2つのレンズで被写界深度エフェクト】

 新型のiPhone 7/7 Plusでは、カメラとディスプレイ両方の表現力が向上し、より鮮やかでリッチな写真を残せるようになりました。カメラレンズは6枚構成となり、iPhone 6s Plusのみ搭載していた光学式手ブレ補正をiPhone 7/7 Plusで採用。新世代のRetina HDディスプレイは色域(表現できる色の範囲)が広がり、iPad Pro並の高精細なディスプレイとなりました。

 ビデオではその鮮やかさが伝わりにくいのですが、新Retina HDディスプレイは肉眼で見るとため息が漏れるほど美しく進化しています。発売後に店頭でぜひチェックを。

 さらにiPhone 7 Plusは広角と望遠2つのレンズを搭載し、等倍と2倍の光学ズームをワンタップで切り替えて撮影が可能になっています。タップして左に指をスライドさせれば、最大10倍までズームできるようになります。デジタルズームはザラザラと粗い写真になるため、これまで「iPhoneはズームで撮らない」が鉄則でしたが、7 Plusではかなり改良された印象を受けました。

 また2つのカメラを使うことで人物と背景の奥行きを計算し、背景にぼかしの効果をつけられるようになります。この「被写界深度エフェクト」機能は今冬のアップデートで対応予定とのこと。9月発売時点ではまだ使用できない機能なのでご注意を。今回は6s/6s Plus以上にカメラ性能を分かりやすく差別化してきました。カメラにこだわりたいiPhoneユーザーは7 Plus一択ですね。

 「AirPods」は単なるワイヤレスイヤホンではなく、スマートウォッチに続くウェアラブルデバイス、スマートイヤフォンという印象です。iPhoneで音楽を流している最中にAirPodsを耳に装着すると、音が自動でAirPodsに切り替わり、逆に耳から外すと自動で音楽が止まります。AirPodsをダブルタップするとSiriが起動し、iPhoneを使わずとも音量調整やプレイリストの再生、電話をかけることが可能。iPhoneやApple Watchに自動でつながり、毎回ペアリングする必要がない連係機能の高さも見逃せません。

最終更新:9/8(木) 12:41

ITmedia PC USER

なぜ今? 首相主導の働き方改革