ここから本文です

八王子のライブハウス発オムニバスCD発売へ 15組の地元バンドを紹介 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)21時7分配信

 タワーレコード八王子店(明神町3)などで8月24日、ライブハウス「MatchVox(マッチボックス)」(八王子市三崎町)と「八王子RIPS」(同)で活躍しているバンドをまとめたオムニバスCD「八王子NOW2016」が発売された。(八王子経済新聞)

「八王子NOW2016」のジャケット

 八王子駅から徒歩5分の場所にある八王子ヨーロービルに店を構えるそれぞれのライブハウス。2014年から日頃からライブなどで活動を行っているバンドやアーティストなど15組の楽曲をまとめて紹介するCD「八王子NOW」をリリースしており、今年で3作目となる。

 地元のバンドをジャンルレスで取り上げることを目指して、2016年版となる今作では八王子を拠点に活動するアーティスト・中村啓士さんやLITTLE WONDERS、モノクロ街道、 3DAYS LIFEなどの作品を収録。CDを引っさげて全国のライブハウスを巡るツアー「全国八王子化計画」も展開しながら盛り上げている。

 「地方のバンドシーンとしては、スタジオもライブハウスも駅に近いところにあるので八王子は割りと恵まれていると思うが、CDを売る環境がなかった。ツアーなどもやっていくことで、バンドが動いていくきっかけになればと思い始めた」と両店の店長を務める奥泰正さん。「バンドの成長だったり、店にCDが置かれたりすることでバンドが活動していたという記録を残してあげたいという気持ちもある」とも。

 毎年500枚を制作し、タワーレコード八王子店での店頭販売だけでなく、参加アーティストによる手売りでも販売している。「八王子に音楽シーンがあることを知らない方もいらっしゃる。できれば、流して聞くのでなく、一度全バンドの曲を、腰を据えて聞いてほしい。気になったバンドのライブに来てもらえれば。八王子にはこんなバンドがいるんだと知ってもらいたい」と奥さん。「『八王子NOW』が夏の風物詩になっていけば」とも。

 価格は1,080円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)21時7分

みんなの経済新聞ネットワーク

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。