ここから本文です

【公演レポ】「大国男児」、オールダンスナンバーのセットリストに挑戦! 

WoW!Korea 9/8(木) 18:57配信

9月3日~11日まで「DAIKOKUDANJI Autumn Carnival! 」と題し、14公演に及ぶライブ・ファンミーティングを開催中の「大国男児」。デビュー当時のクリーミー系アイドルの衣装で行うライブから、ダンスナンバー中心のもの、カバー曲やソロ曲などを生バンドで贈るライブ、2ショットやハグなどプレミアムな特典付きのプレミアムファンミーティングまで、趣向を凝らした内容でファンを楽しませる。

【画像】「DAIKOKUDANJI Autumn Carnival! 」開催

 9月5日(月)、東京・原宿ASTROホールにて昼夜2回公演で行われたライブは「Dance! Dance! Dance! 」というタイトルの通り、ダンスナンバー中心のセットリストで行われた。昼公演にもかかわらず、オールスタンディングの場内は熱気ムンムン。花道も設けられ、ステージとの距離の近さに否応なしに高まる期待。

 盛り上がる準備も万全の中、ブラックの学ラン風のジャケットに柄シャツやTシャツの「大国男児」が登場。イントロはダンスカバーからスタートしてファンの視線を惹き付けると、黄色い歓声の中、「憧憬少年」、「ふらふら」、「New Boyz」と立て続けに披露。息つく暇もないほどの歌と踊りの連続で「東京! 盛り上がって行こうぜ! 」のかけ声でメンバーが花道へ。歓声はさらにボリュームアップし、ファンのペンライトが大きく揺れた。

 「こんにちは! 『大国男児』です」と声を揃えると、「今日は全曲ダンスナンバーだから、楽しく行きたいと思います」とインジュン。ヒョンミンがオープニングのダンスパフォーマンスはジェイが作ったと明かすと、ファンからは「かっこいい! 」と賞賛の声が上がった。

 続いて首の振り付けが特徴的な「誰も…誰も」。曲紹介でインジュンは「この曲の韓国での活動が終わってから日本での活動を準備したので、自分たちにとって、この曲が始まり」と振り返った。そして「久しぶりにライブで見せることができてうれしい」と伝えると、「誰も…誰も」を5年ぶりに披露。ファンも懐かしそうに彼らのパフォーマンスを見守った。続く「Why Goodbye」、「We are together」、「Tarzan + Rilla Go! 」ではファンのかけ声もバッチリ決まり、「大国男児」の熱いパフォーマンスは続いた。

 MCでは汗を拭い水分補給しながらも愉快なトークでファンを楽しませた。インジュンが「ダンス曲が続いて見てる皆さんは楽しいかな? 」と問いかけると、「楽しい! 」と大きな返事で応えるファン。MC中は言葉少なく一点を見つめているミカに、「ミカさん、今充電中だから(笑)」、「休ませておこう(笑)」など優しいメンバーのいじりに会場は大爆笑。ヒョンミンが「ミカさん、今日が終わったら痩せるよ」と話しかけると、パワーチャージ中のミカは「話しかけないで」とボソリ。会場はさらに笑いに包まれた。

 続いて「Love Power」、「Love Bingo! 」、「Love Parade」、「Love Days」とLoveシリーズの連続パフォーマンスへ突入。花道でファンとアイコンタクトを取りながら、伸びやかな歌声と軽やかなダンスの連続にますます高まるボルテージ。

 「練習よりライブの本番の方がもっと力が入る。すごい楽しい! 」とインジュン。末っ子のジェイも「僕も人間だから超大変ですよ(笑)」と言いながら、汗が光る前髪をさらりとかき上げると「きゃ~っ」とファンの目がハートになる場面も。

 今回の「DAIKOKUDANJI Autumn Carnival! 」では毎回違う「大国男児」が見られるように準備したという。9月10日、11日に行われる生バンドでのライブではかっこいいスーツ姿で登場すると明かすと、ファンから「おお~っ」と期待の声があがった。

 ライブ終盤も勢いはそのままに、「奪いたい今すぐに」、「Jumping」、「本気Magic」と元気になれる楽曲のオンパレード。ヒョンミンは「超辛かったけど、超気持ちよくなった! 」、ミカも「超~痩せる気がするよ。ダイエットには舞台がぴったりだよね(笑)」、インジュンも「半分を超えたときから疲れもなくなって。また最初に戻ってイントロからやってもいい」とダンスナンバーだけのライブに大満足の様子。カラムから11月のファンとの韓国旅行が発表されると会場はさら盛り上がり、その熱気のまま、「Girlfriend」、「みにくいあひるの子」、「Oh My Girl! 」まで一気に駆け抜けて本編は終了。

 アンコールではTシャツにチェンジし、「U Ready」「いけない1・2・3」をノリノリで歌い上げファンを笑顔にすると、最後に一人ずつあいさつ。

 「ここまで汗びしょびしょになるのはデビュー前みたい。今日のこの汗は本当に気持ちいい汗! ありがとうございました! 」(ヒョンミン)、「情熱ですごく盛り上がったと思います。本当にありがとうございます」(ジェイ)、「全曲ダンス曲でやってみて正直たいへんだったんですが、皆さんが喜んでいる姿を見て満足しました。今日ありがとうございました」(カラム)、「オールダンス曲でできるか昨日まで超心配でしたが、今日の昼公演、皆さんと楽しくできたんじゃないかと思ってすごくうれしいです」(インジュン)、「『大国男児』はやろうとしたらやるんだよね。昔から不可能はない。俺らはやろうとしたら全部成功してきた。だから気持ちいい。みんなから力をもらって元気になってるよ」(ミカ)とそれぞれ想いを伝えると、「1、2、3、ありがとうございました! 」と深く一礼してステージを後にした。

 終演後はフォトタイムも設けられ、ファンの向けるカメラに笑顔を送った「大国男児」。ダンスナンバーだけで構成された2時間弱の「Dance! Dance! Dance! 」は大盛況で幕を閉じた。ファンの声援と笑顔を力に変えて、「DAIKOKUDANJI Autumn Carnival! 」は9月11日まで続く。

最終更新:9/8(木) 18:57

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]