ここから本文です

名古屋駅キヨスクの「うなぎパイ」販売再開へ 「消えて困った」とネットの要望受けて

ねとらぼ 9月8日(木)13時4分配信

 JR名古屋駅のキヨスクで静岡・浜松の銘菓「うなぎパイ」を扱う店が激減していることについて、8月末にネットで販売再開を求める声が相次ぎました。東海キヨスクは要望を受け、取り扱い店舗を増やす方向で販売元の春華堂と話し合いを進めていることを明らかにしました。

【名古屋のキヨスク】

 うなぎパイは名古屋駅構内のキヨスク24店舗において、今年1月ごろから取り扱いを縮小。4月以降は地下街「エスカ」にある1店舗のみでの販売となっていました。縮小の理由は、各販売店ごとの売り上げや愛知の名産品との兼ね合いなど。しかし8月末にTwitterを中心に、名古屋駅キヨスクからうなぎパイが消えて困ったという声が多くあがり話題に。特に浜松駅に停車しない「のぞみ」の利用者から需要があったようです。

 東海キヨスクによると、販売再開に動いている理由は「ネットの反響や報道に取り上げられたことを受け、名古屋駅におけるうなぎパイ販売へ要望があることが分かったから」。いつからどの店で扱うか、詳細はこれから決めていきます。春華堂側は「1日でも早く販売を再開し、ファンの後押しする声に応えたいと思っています」とコメントしています。

最終更新:9月8日(木)13時4分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]