ここから本文です

「深夜食堂」Netflixドラマ、韓国ロケ敢行エピソードの場面カット公開

映画ナタリー 9月8日(木)18時1分配信

Netflixにて10月21日より全世界190カ国で同時配信されるドラマ「深夜食堂-Tokyo Stories-」。このたび、シリーズ初の海外ロケを敢行したエピソード「オムライス」の場面写真が公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

安倍夜郎のマンガをもとにした本作は、にぎやかな街の路地裏に佇む小さな食堂「めしや」を舞台に、小林薫扮するマスターと個性豊かな客たちとの交流を描き出すドラマ。これまで、テレビドラマ版がTBS系で3シリーズ放映され、2015年には映画版も公開された。

「オムライス」で描かれるのは、岡田義徳演じる物理学者・雨宮と、コ・アソン演じる日本で働く韓国人女性レイの国境を超えたラブストーリー。今回公開された場面写真には、韓国のレストランの前に立つ雨宮とレイの姿や、オダギリジョー演じるめしやの常連カタギリがキムチと焼酎を堪能するさまが映し出されている。

もともと「深夜食堂」のファンだったというコ・アソンは「初めて食堂のセットに入ったときは、魔法のような、夢のような気分でした」とコメント。岡田は「実際にセットに来てみてその作り込みのすごさに驚かされて、自分がこの役をどうやっていくべきかという気持ちが一段階上がったというか、再度考え直したというか。すごく緊張しましたね」と述べた。

なお「深夜食堂」の映画版第2弾となる「続・深夜食堂」は、11月5日より全国ロードショー。

岡田義徳 コメント
「深夜食堂-Tokyo Stories-」に出演した感想
最初にこのお話をいただいたときはすごくうれしかったです。僕も観ていましたし、自分も演者として参加してみたいなと思っていた作品でもあったので、依頼が来たときには“やった!”と思いました。それにつれて緊張もしてきて、実際にセットに来てみてその作り込みのすごさに驚かされて、自分がこの役をどうやっていくべきかという気持ちが一段階上がったというか、再度考え直したというか。すごく緊張しましたね。もう何シーズンも続いている作品で、スタッフさんたちもある程度やり方が決まっていますからね。そこに飛び込んでいく感じなので、すごく緊張しました。その一方で“無理はしなくていいんだ”と思わされた初日でもありました。セットに助けられたというか、全体の空気に助けられて、自分の役もそこで生きたかなと思います。

「オムライス」で監督を務めた松岡錠司について
松岡監督とは初めてなんですけれど、すごく気持ちがいいですね。違うことは違うとハッキリ言ってくれるし、質問に対してもちゃんと答えてくれる。監督が“こうしてくれ”と言うままにやるのが一番いいんだなって思えますし、すごくやりやすいので、納得がいくというか。すごく好きですね。なんかすごく好きです。読み合わせのときにはちょっと不安にさせてしまった部分があったみたいで。でも初日に入ってお芝居してみたら、監督のその気持ちも解消されたと思います。そこで2人の息が合ったというか。だから今はすごく気持ちよくやらせてもらっています。

「深夜食堂」の魅力について
小林薫さんとも“この作品では誰が主役というのはないよね。あの食堂が主役なんだよね”という話をしていたんですけど、その不思議さが僕にとっての「深夜食堂」なんじゃないかなと思います。自分がゲストだから言うのではなく、“ここが主役だから”という気持ちでやっていました。

登場するメニューについて
出てくる小料理へのこだわりがものすごく強くて、しかも全部おいしいんですよね。細部にわたってこだわっていて本当にびっくりしました。

プライベートでめしやに行ったら、マスターに何を注文するか
オムライス。これを言うしかないでしょ(笑)。オムライスは本当に大好きで、地方に行ったときなんかもよく食べに行っているので、“オムライスか!”と知ったときにすごくうれしかったんです。だから、何かの縁だろうなと思ってやっていました。自分の好きな料理とビンゴっていうのはなかなかないですよね。大好きですオムライス。

コ・アソン コメント
「深夜食堂-Tokyo Stories-」に出演した感想
深夜食堂のファンとして、とても光栄でした。なので、初めて食堂のセットに入ったときは、魔法のような、夢のような気分でした。

「オムライス」で監督を務めた松岡錠司について
本番に入る前に適切な指示をしてくれる素晴らしい監督です。巨匠なのに茶目っ気もあって、一緒にお仕事できてとても幸せでした。

「深夜食堂」の魅力について
いろいろな人がお客さんとしてめしやを訪れ、また去っていきますが、(キャラクターが)まるで独白するように語る人生を、マスターはカウンター越しに黙々と聞いてくれる。そのどこか包みこむような優しさが気持ちを癒やしてくれるんですよね。実際に自分が出演してみて「深夜食堂」はそういう場所なんだなと改めて感じることができました。また、盛り付けがとてもかわいらしくて、おいしそうな料理も重要なポイントですね。

プライベートでめしやに行ったら、マスターに何を注文するか
メニューにないものを注文すると思うんですが……。オムライスは注文しません。理由は、私もちゃんと作れますから(笑)。もしマスターが韓国に来てくれるのであれば、キムチポックムパプ(キムチ炒めご飯)を注文してみたいですね。

最終更新:9月8日(木)18時1分

映画ナタリー