ここから本文です

中国の「パンダの父」、絶滅危惧種指定解除の動きを懸念

ロイター 9月8日(木)16時16分配信

[北京 7日 ロイター] - 国際自然保護連合(IUCN)は4日、ジャイアントパンダの野生個体数が増えたとして「絶滅危惧種」指定を解除し、レッドリストで1ランク下の「危急種」に引き下げた。これに対し、専門家から異論が出ている。

中国で「パンダの父」として著名な中国パンダ保護研究センターの張和民氏は6日夜、新華社に、ジャイアントパンダは依然深刻な脅威にさらされており、指定解除は性急と指摘した。

中国政府によると、2015年末時点で野生のジャイアントパンダは1864頭と、2001年時点の1100頭前後から増加。このほかに422頭が飼育されている。

張氏は「自然界におけるパンダの生息地は激しく分断され、生命の危機をもたらしている。(レッドリスト上の)指定が引き下げられれば保護活動が緩くなる可能性があり、それによりパンダ自身も生息地も取り返しのつかない損失を被る恐れが強まる」と述べた。

最終更新:9月8日(木)16時16分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。