ここから本文です

秋田にカフェ「Mannojou」 クレープやガレット主力に /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)22時53分配信

 秋田市川尻に9月1日、カフェ「クレープリーカフェMannojou(まんのじょう)」(秋田市川尻御休町、TEL 018-839-6778)がオープンした。(秋田経済新聞)

高い吹き抜けが特長の「クレープリーカフェ Mannojou」店内

 能代市で介護施設などの運営を手掛ける「あきた創生マネジメント」が「サインファミリー」(潟上市)の協力を得てオープンした。店舗面積は約30坪。席数は26席。

 「落ち着ける癒やしの空間を」との思いから、洋館風の建物に高い吹き抜けの天井を設け、店内には植物を置く。週末にはカップルや女性客だけでなく、男性客の姿も目立つという。

 クレープやガレットを主力に販売する。メニューは全てドリンクとセットで、秋田県産の果物を中心につかった「フリュイ セゾン」などのクレープ5種(935円~)のほか、全粒粉にこだわりもちもちした生地のガレット(902円~)、パスタ(1,078円~)、サラダガレットとクレープがセットのランチ(1,672円)も用意する。

 阿波野聖一社長は「ガレットは納得がいくまで何度も生地を試作した自信作。空間や雰囲気と一緒に楽しんでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時。火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)22時53分

みんなの経済新聞ネットワーク