ここから本文です

西武・郭俊麟が危険球退場 頭部死球の清田は担架で運ばれる

デイリースポーツ 9月8日(木)18時54分配信

 「西武-ロッテ」(8日、西武プリンスドーム)

 西武の先発、郭俊麟投手が、危険球による退場処分を受けた。

【写真】大丈夫なのか…担架で運ばれる清田

 三回、1死一塁で迎えた清田に対して、カウント2-2からの6球目の直球が頭部を直撃。清田はその場に倒れ込み、動くことができずに担架で運ばれた。西武は2番手で野田が登板。清田には代走・荻野が送られた。

 郭俊麟は4月23日の楽天戦でも川本に対する頭部死球で退場となっている。

 また、五回には西武の藤原良平投手が打球を右膝外側に受け、負傷退場で降板。西武ブルペンが慌ただしい一戦となった。

最終更新:9月8日(木)20時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]