ここから本文です

専用デバイス「Pokemon GO Plus」9月16日発売 操作方法も公開

ITmedia ニュース 9/8(木) 13:50配信

 ポケモンと米Nianticは9月8日、スマートフォン向けアプリ「Pokemon GO」と組み合わせて利用できるウェアラブルデバイス「Pokemon GO Plus」を9月16日に発売すると発表した。3500円(税別)。

【画像】Pokemon GO Plusでイーブイをゲット

 「周囲にポケモンが現れた」「ポケストップがある」といった情報をランプと振動で通知するデバイス。本体のボタンを押すことでポケモンを捕獲したり、ポケストップで道具を手に入れたりできる。

 周囲にポケモンが現れると、本体が振動してランプが緑に点滅。本体のボタンを押せばモンスターボールを投げられる。捕獲の成功と失敗はランプの色と点滅、振動パターンで判別できる。アイテム「おこう」で引き寄せられたポケモンには反応しない。

 ポケストップに近づいた場合は、本体が振動してランプが青に点滅。ボタンを押せば道具を手に入れられる。

 スマートフォンとBluetooth(BLE)でペアリングして利用する。スマホがスリープ中でもバックグラウンドで動作するため、スマホをかばんの中に入れたままでも遊べるという。スリープ中にポケモンを何匹捕まえ、どのポケモンに逃げられてしまったか、どんな道具を手に入れたか――といった情報はアプリ内の「ぼうけんノート」で確認できる。

 本体サイズは46(縦)×33(横)×17.5(厚み)ミリ、重さは13グラム(電池含む)。同時接続台数は1台まで。1回の電池交換で約100日使えるという。対応するOSバージョンや動作確認済み機種などはサポートページで確認できる。

 全国のポケモンセンター、ポケモンストア、ポケモンEXPOジム、ポケモンセンターオンライン、Amazon.co.jpで販売する。パッケージにはPokemon GO Plus本体のほか、専用バンド、電池、取扱説明書を同梱する。保証書は付属しない。

最終更新:9/8(木) 13:50

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。