ここから本文です

ソフトバンク、月20GB/30GBのデータ通信が可能な新プランを追加

ITmedia Mobile 9月8日(木)14時13分配信

 ソフトバンクは、料金プラン「スマ放題」と「スマ放題ライト」と組み合わせられるデータ定額サービスに、月額6000円(税別、以下同)の「データ定額20GB」、月額8000円の「データ定額30GB」を追加。9月29日からプラン変更の受け付けを開始する。

 9月13日以降、ソフトバンクスマートフォンのデータ定額サービスは、

・月額8000円の「データ定額 30GB」
・月額6000円の「データ定額 20GB」
・月額5000円の「データ定額 5GB」
・月額3500円の「データ定額ミニ 2GB」
・月額2900円の「データ定額ミニ 1GB」

 という5つのラインアップとなる。これまで、5GBより上のプランは月額6700円で8GB、月額8000円で10GBだったが、データ定額 30GB/20GBの方が1GBあたりの料金が安くなっている。ソフトバンクはデータ定額 30GB/20GBを「ギガモンスター」として訴求していく。

 ただし、データ定額 30GB/20GBで「テザリングオプション」を使用する場合、月額1000円が発生する。データくりこしは毎月5GBまで翌月に繰り越せる。

 データ定額パック・標準(8)、大容量(10)~(30)の新規申し込み受け付けは終了する。「家族データシェア」では、引き続きデータ定額パック・大容量(10)~(30)を申し込める。

最終更新:9月8日(木)14時13分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]