ここから本文です

広島が二回に打者一巡の猛攻で一挙5点 石原、野村、田中、新井がタイムリー

デイリースポーツ 9月8日(木)19時3分配信

 「広島-中日」(8日、マツダスタジアム)

 優勝へのマジックを2としている広島が二回、石原、野村の適時打などで4点を勝ち越した。

 1-1で迎えた二回、先頭の鈴木が右前打で出塁。エルドレッドは空振り三振も、梵が四球を選んで1死一、二塁とした。ここで打席に立った石原は、中日先発・ジョーダンの2球目の変化球を捉え、左翼線への二塁打。二走・鈴木が勝ち越しのホームを踏んだ。

 なおも1死二、三塁で、投手・野村が2度、スクイズを試みてファウルとなった後に中前へ落ちる適時打。続く田中も右前適時打を放ち、3者連続適時打で3点を奪い、ジョーダンをKOした。

 勢いはとどまることを知らず、中日2番手の佐藤から菊池が中前打で満塁。丸の遊ゴロ併殺崩れの間に1点を追加すると、新井にも左前適時打が出た。この回打者10人の攻撃で6安打を集中し、一挙5点を奪った。

最終更新:9月8日(木)19時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報