ここから本文です

ダウンタウンDXで一番怖かったゲストは小林旭「かげろうみたいなの出てた」

デイリースポーツ 9月8日(木)19時7分配信

 漫才コンビ・ダウンタウンの松本人志、浜田雅功が8日、都内で、司会を務める「ダウンタウンDX」(読売テレビ制作、日本テレビ系、木曜、後10時)の1000回突破記念会見に出席した。今年の8月25日放送回で節目を迎えたが、浜田は過去に一番怖かったゲストに歌手、俳優の小林旭の名前を挙げた。

 今後の目標を問われた浜田は「バラエティーに出たことない役者の方とか、いろんな方に出ていただいてやってこれたので、まだお会いしたことのない人に…」と返答。松本は「なんかね。(そういう人は出演が)いやみたいなんです。バラエティー出たことない人って、ダウンタウンに絡まれたくない人、多いみたいなんです。そういう人って浜田にたたかれたくないっていう」と残念そうに語った。

 和田アキ子、志村けん、泉ピン子といった大物ゲストにも物おじせずにツッコミを入れていくのが、若い頃からの浜田の持ち味だが、その中で一番怖かった人として挙げたのが「小林旭さん」だった。

 これには松本も「あの人、本当、怖かったわ」と同調。本番中にミント菓子のフリスクを食べ始めた、というエピソードを披露し、「ケースがフリスクなだけでフリスクじゃないんじゃないかっていう。ほんま怖かったよ。かげろうみたいなの出てたもんね」と“オーラ”が印象的だったと振り返った。

最終更新:9月9日(金)9時45分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。