ここから本文です

阪神 福留のタイムリーで先制「何とか先制しようと」 18年ぶり不名誉阻止へ

デイリースポーツ 9月8日(木)19時29分配信

 「阪神-巨人」(8日、甲子園球場)

 阪神が四回に先制した。

 0-0で迎えた四回、先頭の大和が、巨人・先発の内海から右中間への二塁打を放ち、出塁。続く高山の一ゴロで1死三塁とチャンスを広げると、福留が決めた。内海の138キロ直球を捉えて中前適時打。「打ったのはストレート。ここ数試合、先に点を取られて追いかける展開が続いていたので、なんとかして先制点を取ろうと思って打席に入りました。ランナーをかえすことができてよかったです」。頼れるベテランがルーキー青柳の好投に応えた。

 阪神は敗れると、98年(36敗)以来、18年ぶりの甲子園シーズン33敗となる。

最終更新:9月8日(木)22時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。