ここから本文です

ヒップホップ×車椅子バスケ!ACE、パラアスリートと競演MV

音楽ナタリー 9月8日(木)19時1分配信

パラアスリート(障害者アスリート)を支援する一般社団法人センターポールとラッパー・ACEによるコラボミュージックビデオ「Action No2」が、センターポールのオフィシャルサイトにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

MVは、車椅子バスケットボールのプレイヤーたちが屋外コートで熱く競技している傍で、ACEがこの競技をテーマに作詞作曲したオリジナル曲「Action No2」をパフォーマンスし、“Action”し合っているという映像。ヒップホップと車椅子バスケの融合により、互いの普及や発展につながることを目的として制作された。

ACEは今回のコラボについて「この“Action No2”を見て会場に直接観戦に行ったり、障がいを持つ子供がスポーツを始めるきっかけや、誰かの背中の押すことができれば嬉しい」とコメントした。なお、センターポールは世界レベルで活躍する14名のアスリートの活動支援をしており、障害者スポーツの普及活動として全国の学校で体験授業や講演会を行っている。

ACE コメント
車椅子バスケットボールの存在は知ってはいましたが、今回の企画で選手の迫力や純粋に競技として面白いと感じました。多分、HipHopと車椅子バスケットボールを融合させたのは今回の企画が初めてだと思う。この“Action No2”を見て会場に直接観戦に行ったり、障がいを持つ子供がスポーツを始めるきっかけや、誰かの背中の押すことができれば嬉しい。

最終更新:9月8日(木)19時1分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。