ここから本文です

北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」第9話は12・4%…4週連続2ケタ視聴率

スポーツ報知 9月8日(木)12時4分配信

 7日に放送された女優・北川景子(30)主演の日テレ系ドラマ「家売るオンナ」(水曜・後10時)の第9話が平均視聴率12・4%を記録したことが8日、分かった。8月17日放送の第6話から4週連続2ケタの数字となった。

【写真】「私に売れない家はない」北川景子

 「家売るオンナ」は初回に12・4%と今クールのドラマ中、トップとなる数字を記録。第2話10・1%、第3話12・8%、第4話12・4%と2ケタ視聴率を続けたが、10日放送の第5話でリオデジャネイロ五輪卓球女子シングルス準決勝の福原愛の試合と重なり、初の1ケタとなる9・5%。しかし、翌週にはリオ五輪女子レスリングの序盤中継の裏で11・6%とV字回復していた。

 「家売るオンナ」は北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智が「私に売れない家はない」の名ゼリフのもと、どんな家でも売ってしまうアットホーム・ビジネスドラマ。北川にとっては、今年1月、タレントで歌手のDAIGO(38)と結婚してから初となる連続ドラマ主演。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

最終更新:9月8日(木)17時7分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。