ここから本文です

巨人・坂本、広島の胴上げ阻止する意地の逆転3ラン

デイリースポーツ 9月8日(木)21時9分配信

 「阪神1-3巨人」(8日、甲子園球場)

 巨人・坂本勇人内野手が値千金の代打逆転3ランを放った。

 4日の中日戦で左膝付近に自打球を受けた影響で、この日もベンチスタート。1点を追う八回、1死一、二塁の好機に代打で登場すると、代わったばかりの2番手・藤川から左翼席へ21号逆転アーチを突き刺した。巨人ナインは両手を突き上げて喜びを爆発させ、坂本も三塁ベースを回るところで小さくガッツポーズを見せた。

 自身初の代打本塁打となった坂本は「ちょっと合わす感じで、(オーバーフェンスは)どうかなと思っていたんですけど、風にも多少乗ってくれたので、入ってよかったです。内海さんがいいピッチングをしていたんで、何とか勝ちを付けてあげたいと思ってました。最初からコンパクトにコンパクトに(振る)という気持ちで打席に入りました」と笑顔で振り返った。

 負ければ広島の本拠地優勝が決まる可能性もある一戦。劣勢ムードを跳ね返す、意地の一振りを見せた主将は「僕たちはとにかく一戦一戦戦うしかないので。状態見ながら、早く(スタメン)復帰できるように治療していきたい」とネバーギブアップを誓った。

最終更新:9月8日(木)22時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。