ここから本文です

Apple WatchのSuica対応は“左利きに優しい世界”

ITmedia Mobile 9月8日(木)16時44分配信

 手首に着けたApple Watchをかざすだけで電車に乗れる――Appleが9月7日(現地時間)のスペシャルイベントで発表した「Apple Watch Series 2」はFeliCaを搭載し、Suicaが利用できるとみられる。

【画像】SuiCaに対応

 コンビニや自動販売機などの電子決済も魅力だが、ほとんどの人が利用するのは電車の改札を通るときだろう。価格は3万7800円と、初代Apple Watchが国内販売を開始したときの価格4万2800円を下回る。これを機にApple Watchの購入を考える人も多そうだ。

※初出時、価格に誤りがありました。おわびして訂正いたします。

 実は、すでに航空機の搭乗ゲートをApple Watchをかざすだけで通れるアプリをANAやJALなどが提供している。画面に2次元バーコードを表示させる手間があったり、かざし方にちょっとコツがあったりするが、何より左腕をクロスして右側にあるリーダーにかざすのが面倒だった。

 それが毎日の電車の乗り降りとなるとなおさらだ。10月以降は右腕にApple Watchを着ける人が増えるかもしれない。Twitterの投稿ボタンやLINEの送信ボタンなど、スマホアプリの中だけでもほとんどが右利き中心のユーザーインタフェースだった。Apple WatchのSuica対応で“左利きに優しい世界”が誕生するのだろうか。

最終更新:9月9日(金)11時30分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]