ここから本文です

ロッテ・石川が13勝目 大嶺翔が3安打3打点の活躍

デイリースポーツ 9/8(木) 21:11配信

 「西武2-8ロッテ」(8日、西武プリンスドーム)

 ロッテ・石川歩投手が7回2失点で13勝目を挙げた。7安打されたが、13安打8点と活発な打線にも助けられ、主導権を渡すことはなかった。

 打線では大嶺翔が5打数3安打3打点の活躍。「チャンスで結果が出て良かった。今後も続けていければいいと思います。少ないチャンスをモノにしていきたい」とアピールしていた。

 西武は先発した郭俊麟が三回に清田への頭部死球で危険球退場。3番手の藤原が打球を右膝に当て負傷交代するなど、投手陣が誤算だった。

最終更新:9/8(木) 21:33

デイリースポーツ