ここから本文です

20GBで月額6000円 ソフトバンクが新プラン「ギガモンスター」を発表

ねとらぼ 9月8日(木)16時53分配信

 ソフトバンクが、2つの新料金プランを発表しました。月額6000円で20GBまで通信できる「データ定額 20GB」と月額8000円で30GBまで通信できる「データ定額 30GB」で、これらのプランは「ギガモンスター」と名付けられています。

【比べてみよう:従来のプラン一覧】

 「ギガモンスター」は、新規契約または機種変更の場合は9月13日から提供を開始し、プラン変更の場合は9月29日から受け付けを開始。同プランの登場により、従来の標準的なデータ定額サービス「データ定額パック・標準(5)」(5GB、月額5000円)に1000円追加するだけでデータ容量が4倍の20GBに増量されます。

 また、「ギガモンスター」の提供開始に伴い、従来のプランであるデータ定額パック・標準(8)(8GB、月額6700円)と、大容量(10)~(30)(8000円~2万2500円)の新規申し込み受け付けは終了。各データ定額サービスを現在利用しているユーザーは、継続して利用可能。

 ただし、「家族データシェア」では、引き続きデータ定額パック・大容量(10)~(30)にも申し込めます。従来のプランは、「データ定額パック・標準(5)」を「データ定額 5GB」にするなど、新プランに合わせた名称に変更となります。

 データ通信プランは、全て4Gケータイやタブレットでも加入できます。また、データシェアプラスの親回線として加入できますが、家族データシェアと法人データシェアの親回線としては加入できません。

 なお、「データ定額 20GB」と「データ定額 30GB」テザリングオプションの月額使用料は、1000円。データくりこしは毎月、5GBまで翌月に繰り越すことができます。

 「ギガモンスター」は、一度に大量のデータ通信をしても安定した通信ができる、大トラフィック時代に対応したネットワーク対策などによって実現するサービス。ソフトバンクは、データ通信量を気にする必要がないデータプランと、急激に増加している大容量コンテンツのデータ通信に対応する新技術の両面から、ユーザーがより快適にスマートフォンを利用できる環境を提供していくとしています。

●9月9日15時20分追記

 データくりこしの仕様変更と、「テザリングオプション」(月額1000円)が無料になるキャンペーンの実施が発表されました。

 データくりこしは、毎月5GBまでから、当月余ったデータ容量を全て翌月にくりこせるように変更となります。また、「ギガモンスター」提供開始日(2016年9月13日)から2017年4月末まで、「テザリングオプション」の月額使用料が無料となります。

最終更新:9月9日(金)15時21分

ねとらぼ