ここから本文です

ヤクルト・雄平が1軍復帰、即V打 CS進出へ頼もしいベテラン復活

デイリースポーツ 9月8日(木)22時22分配信

 「DeNA3-5ヤクルト」(8日、横浜スタジアム)

 4位・ヤクルトが逆転勝ちで、3位・DeNAとの差を再び3差とした。

 0-3で迎えた七回に強力打線がようやく目覚めた。1死一、三塁から荒木、西田の連続二塁打で一気に追い付くと、さらに2死一、三塁から代打で登場したのが雄平だ。7月26日の阪神戦で右脇腹を痛めて登録抹消され、この日が1軍に復帰となった。DeNA・須田のボールに詰まりながらも、中前へポトリと落ちる決勝のタイムリーを放った。

 1軍復帰即、仕事をしてのけた雄平はヒーローインタビューで「チームがずっと頑張ってて、僕自身はテレビ見ながら、歯がゆい気持ちだったので…。みんながつないでくれたチャンスだったので、気持ちで打ちました。ボール球ですし、内容的にはよくなかったんですが、チームが勝つためのバッティングができたかなと思う」と自らの打撃を振り返った。

 逆転でのCS進出へ向けて、負けられない戦いが続く。前日、川端が1軍復帰し、そしてこの日は雄平が戦列復帰した。ベテランは「きょう負けると5(ゲーム差)で…。本当にすごく大事だなと思って、試合前から気持ちを入れていきました。少しでも貢献して必ずCSに出たいと思います」と力強く話した。

最終更新:9月8日(木)23時2分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]