ここから本文です

NHK18年大河は「西郷(せご)どん」…籾井会長「新たな西郷さん生み出したい」

スポーツ報知 9月8日(木)15時28分配信

 NHKの籾井勝人会長(73)は8日、東京・渋谷区のNHKで行われた定例会見で2018年の大河ドラマが林真理子さん原作、中園ミホさん脚本の「西郷(せご)どん」に決まったことを発表した。

 「維新のヒーローとして活躍した西郷隆盛は男性からも女性からも慕われていました。今回は当代きっての女性クリエイター2人が手掛けます。女性の視点で繊細かつダイナミックに西郷さんを描いてくれると思います」と籾井会長。

 「過去に一度、西郷さんテーマの大河はあったが、150年ということで、また新たな西郷さんを生み出したい」と続けた。

 明治維新から150年のタイミングで制作される第57作目の大河は17年夏のクランクイン予定。主演については「現時点で決まっていません。あまりかぎ回らないで下さい」と言うにとどめた。

最終更新:9月8日(木)16時24分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。