ここから本文です

【F1】メルセデスとフェラーリ 2017年用タイヤをテスト

ISM 9月8日(木)17時3分配信

 メルセデスとフェラーリは火曜日、ポールリカールとバルセロナ・カタルーニャサーキットで2017年用タイヤの開発プログラムを行った。

 2017年シーズンに向けて、ピレリはタイヤ幅を広げることを決定しており、フロントタイヤは60mm(245mmから305mmへ)、リアタイヤは80mm(325mmから405mmへ)幅広になる。

 セバスチャン・ヴェッテルとエステバン・グティエレスは先月初め、フィオラノサーキットですでに新しいタイヤをテストしており、その後、セバスチャン・ブエミがレッドブルとともにムジェロでテストを行っている。

 メルセデスは火曜日、ポールリカールで3日間のテストを開始し、パスカル・ウェーレインがステアリングを握った。一方、フェラーリは、キミ・ライコネンとともにスペインで2日間のテストを開始した。

 メルセデスは今月末、ポールリカールでウェットタイヤのテストを行う予定だ。(情報提供:GP Update)

最終更新:9月8日(木)17時3分

ISM