ここから本文です

NHK籾井会長、SMAPの紅白出演熱望 ジャニー社長への出馬も「いとわない」

スポーツ報知 9月8日(木)16時2分配信

 NHKの籾井勝人会長(73)は8日、東京・渋谷区のNHKで行われた定例会見で第67回紅白歌合戦へのSMAPの出演について、「ぜひ出ていただきたい。私がジャニー喜多川社長に会って実現するなら、出馬もいとわない」と熱く語った。

 12月31日の解散を発表しているSMAPについて、「これだけ一世を風靡(ふうび)したグループ。あれだけのグループでございますんで、当然のことながら私は(紅白に)出てもらいたいと思ってます。(解散の)12月31日はどう見ても紅白の日ですから。この日の解散ということは紅白に出て解散するということではないかと」と籾井会長。

 「SMAPの皆さんも40代半ばになったんでしょうか。日本の歌謡曲、ショーに貢献してきた皆さんですが、支えてきたのはファンの方々。長い間、支えられたファンにどこで感謝するのか。その場を紅白で持ってもらえたら。ファンへの感謝も考えているのなら、NHKの紅白に出ることでそういうことやっていただければ」と続けた。

 「ぜひ、出ていただきたいと思います。ファンの方と気持ちのいい別れをしてもらいたい」と、あくまで出演を熱望。「出演交渉に会長自身の出馬も?」という質問が飛ぶと、「私が出ていって済む話ならいとわない。ジャニー喜多川社長に話せばいいのなら」と前向き発言。「私が出ていっても、SMAPの皆さんは『おまえ、誰や』という感じでは」と笑わせた後、「私から誠意を尽くすという意味では出ていくことはいといません」と熱いラブコールを贈った。

最終更新:9月8日(木)16時26分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。