ここから本文です

水沢悦子「ヤコとポコ」3巻発売で序盤をWebに掲載、特典やプレゼントも

コミックナタリー 9/8(木) 22:40配信

水沢悦子「ヤコとポコ」の3巻が本日9月8日に発売された。

「ヤコとポコ」は、携帯電話やパソコンが廃れた“革命後”の世界で、少女マンガ家のヤコと、ロボットアシスタント・ポコのなんでもない毎日を描いた短編。エレガンスイブ(秋田書店)にて不定期連載中だ。また単行本には、Championタップ!にて連載中のポコ視点から描いたスピンオフ「おしえて。ポコ先生」も収録されている。3巻の発売を記念し、電子メディア・cakes(ケイクス)では、「ヤコとポコ」を1話から掲載中。本日より月曜と木曜に更新され、6話までを読むことができる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

東京・書泉グランデ2階、書泉ブックタワー6・7階、芳林堂書店高田馬場店では、本日から10月9日まで発売記念フェアを開催。複製原画を展示するほか、抽選で複製原画プレゼントも実施される。プレゼントへの応募には「ヤコとポコ」の1巻から3巻、「花のズボラ飯」の1巻から3巻を1冊購入するごとに1枚配布される応募券が必要となる。

またCOMIC ZIN、とらのあな、書泉・芳林堂書店、書泉グランデ・芳林堂書店ではそれぞれ異なる絵柄の特典ペーパーが用意されている。さらにTSUTAYAでは、一部対象店舗でTカードを提示のうえ「ヤコとポコ」の1巻から3巻、「花のズボラ飯」の1巻から3巻を購入し、特設サイトから応募をすると水沢の直筆サイン色紙が5名にプレゼントされる。対象店舗など詳細はTSUTAYAのサイトで確認を。

最終更新:9/8(木) 22:40

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]