ここから本文です

日刊SPA!「最強のヤレる酒は日本酒」で炎上 番組で取り上げたTOKYO MXも批判の的に

ねとらぼ 9月8日(木)21時14分配信

 日刊SPA!が9月4日に掲載した「女性の“お持ち帰り率”がアップするお酒は? テキーラがNGなワケ」という記事が「準強姦罪を推奨・幇助しているのでは」と問題になっています。また、この記事をニュースとして紹介したTOKYO MXにも批判が集まりました。

【テレビ番組でも紹介】

 問題の記事では「本当にデートでヤれる酒」というテーマで、30代の“ヤリ手”サラリーマン17人に取材。テキーラは強すぎて自分へのダメージが大きい、ワインはどれくらい飲んでいるかを女性に把握されてしまう――などの視点から、どんな酒が“お持ち帰り”しやすいかを紹介していました。結局、最終的にはおちょこで気軽に注げて、アルコール度数も高い日本酒がもっとも“ヤれる酒”であるとの結論に。

 しかし「お持ち帰り」「ヤれる」など直接的な書き方は避けているものの、実質的には「どんな酒なら女性を泥酔状態にさせ、性的行為に持ち込みやすいか」が記事の主眼であり、ネット上では「お持ち帰りじゃねぇよ、強姦だろ」「強姦マニュアル」などと批判を浴びる形に(睡眠・酩酊状態にある女性を姦淫した場合「準強姦罪」に問われることも)。加えて、9月5日にはTOKYO MX「バラいろダンディ」でも話題のニュースとしてこの記事を取り上げたため、「こんなレイプの推奨がテレビで流れてんのか」「紹介したテレビも共犯」など物議をかもしていました。また日本酒のイメージが損なわれるとして、一部では日本酒への風評被害を懸念する声も。

 この炎上に対し、編集部ではどういった意図で記事を掲載・紹介したのか、「日刊SPA!」と「バラいろダンディ」に取材を申し入れていますが、日刊SPA!からは9月8日19時時点で回答はなし。TOKYO MX広報からは「状況把握をしてから回答します」とのことでしたが、同じく9月8日19時時点で回答は得られていません。

最終更新:9月9日(金)11時26分

ねとらぼ