ここから本文です

【日本ハム】岡、1軍合流へ…イースタンで実戦復帰初のマルチ

スポーツ報知 9月8日(木)18時4分配信

 右太もも肉離れで2軍調整中の日本ハム・岡大海外野手(25)が、8日のイースタン・巨人戦(鎌ヶ谷)で「4番・DH」で先発フル出場。2回先頭で左腕・中川から中前打を放つと、8回2死では香月から左前打。実戦復帰3試合目で初のマルチ安打をマークした。岡は「1本目は詰まりましたけど、いいところに落ちてくれた。2本目でしっかり打てたのが良かったです」と振り返った。

 8回2死一塁では米野の右前打で一気に三塁へ進塁。まだ患部を気にしながらの走塁だったというが、「(力を)セーブした中でも走塁できたのは良かった」と表情を緩めた。

 岡はこの日から試合前のシートノックに参加。10日のイースタン・楽天戦(鎌ヶ谷)から守備につく予定だ。2軍首脳陣によれば、17日からのロッテ3連戦(札幌D)での1軍合流へ向けて調整しているという。

 今季28試合出場で打率3割8分9厘、2本塁打、10打点と好成績を残している。8月3日のロッテ戦(QVC)の初回走塁中に患部を痛めて途中交代。翌4日に抹消されていた。1軍昇格した6月20日から8月3日までチームは24勝5敗。“勝利の男神”として、快進撃を支えてきた。

最終更新:9月8日(木)18時4分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]