ここから本文です

カズレーザーの私物を元カノがネットオークションに出していた

スポーツ報知 9月8日(木)19時48分配信

 メイプル超合金のカズレーザー(32)が8日放送のテレビ朝日系「芸能人が実体験を告白!最悪の一日」(後7時)に出演し、「思いつく限り人生最悪ですね」という秘話を明かした。

 カズレーザーが、10年ぐらい前に養成所に入ったばかりの頃に、当時付き合っていた彼女と同棲して、「完全に養ってもらっていた」という。そんな時に、自身の腕時計が無くなり、音楽プレイヤーや漫画などの私物が次々と無くなっていった。さらにゲーム機が無くなった時に、怪しいと思って調べると、ネットオークションにゲーム機など、無くなった商品が出品されていた。「彼女が僕の私物をネットオークションに売りさばいていたんです」。問い詰めるとカズレーザーが生活費を入れてなかったことに腹を立てての行動だったという。すぐに別れたが、生活費を入れなかった自分が悪かったと振り返った。「世話になったし、ぶっちゃけ今、お金持ってますから。月113万円ぐらい稼いでますから」とまさかの月収公表で話を締めた。

最終更新:9月8日(木)20時23分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。