ここから本文です

【MLB】DLから復帰のS.ストラスバーグ、右ひじ違和感で緊急降板 精密検査へ

ISM 9月8日(木)17時19分配信

 ワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が現地7日、地元でのアトランタ・ブレーブス戦に先発登板。右ひじの違和感を訴え3回途中で緊急降板した。

 先月22日から右ひじ痛で戦列を離れていたストラスバーグ。この日、故障者リスト(DL)から復帰を果たしたが、3回無死二塁の場面で迎えたマイク・フォルタネビッチ投手の打席中に表情をゆがめると、その後同投手を打ち取ったところでマウンドを降りた。

 現時点で、ストラスバーグのケガの程度は明らかになっていないが、ナショナルズによると、同投手はMRI検査を受ける見込みだという。この日は2回1/3を2安打、無四球、4三振、1失点の内容だった。

 なお、試合は延長11回の末にナショナルズが5対4で勝利している。(STATS-AP)

最終更新:9月8日(木)17時19分

ISM

スポーツナビ 野球情報