ここから本文です

【阪神】8回の継投「そこは僕の判断ミスですから」…金本監督一問一答

スポーツ報知 9月8日(木)22時25分配信

◆阪神1―3巨人(8日・甲子園)

 阪神が巨人に逆転負けを喫し、今季7度目の同一カード3連敗。借金も最多の17に膨らんだ。

【写真】「M1」としハイタッチする広島ナイン

 先発の青柳は7回まで無失点に抑えていたが、8回1死から連続死球で一、二塁とするとベンチは藤川にスイッチ。しかし、代打・坂本に痛恨の逆転3ランを浴びた。これで甲子園での巨人戦は1分けを挟み9連敗。試合後の金本知憲監督(48)の一問一答は次の通り。

 ―青柳が良かっただけに、8回の継投の判断は難しいところだった。

 「一番の今日のポイントでしょう。あそこは2つ死球を与えて、明らかに動揺していたし、球威がちょうど落ち始めていた。もう少し点差があれば続投もあったかもしれない。そこは僕の判断ミスですから」

 ―藤川の経験にかけた。

 「もちろんそれもある」

 ―勝つためには最善の策。

 「もちろん、僕らはそう判断していた」

 ―打線は、内海に今季3戦3敗となった。

 「また同じピッチャー。うちの試合になったら、いいピッチングをするわね。球のキレもまずまず良かったように見えたし」

最終更新:9月9日(金)14時15分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。