ここから本文です

【全米テニス】錦織に敗れたマリー、飛び回る蛾をラケットで叩き落とす

スポーツ報知 9月9日(金)6時5分配信

◆テニス 全米オープン第10日 ▽男子シングルス準々決勝 錦織(1―6、6―4、4―6、6―1、7―5)マリー(7日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

 【ニューヨーク7日=大和田佳世】男子シングルス準々決勝で、世界ランク7位の第6シード・錦織圭(26)=日清食品=が第2シードのアンディ・マリー(29)=英国=をフルセット、3時間58分の激闘の末に破る金星を挙げた。鉄壁の守備を誇るリオ五輪金メダリストを多彩なショットで攻略。過去1勝7敗の天敵に雪辱した。準優勝した14年以来となる決勝進出を懸けて、9日(日本時間10日)に同3位のスタン・バブリンカ(31)=スイス=と対戦する。

 マリーは潔く敗戦を受け入れた。「勝利に値する数のゲームをブレイクしたが、十分な数のサーブをキープできなかった」と敗因を分析。最終セット第11ゲームでブレイクを決められたボレーについて「あれがこの試合を分けたプレーだった」と振り返った。

 ストレスに負けた。第4セットの第3ゲーム、ブレイクチャンスで突然、轟(ごう)音が鳴り響いた。主審の指示でプレーがやり直され、そこから連続で7ゲームを落とした。動揺を隠せず大会審判を呼び訴えたほど。飛び回る蛾にもいら立ち、ラケットで叩き落とした。雨で屋根が閉じられたことにも「屋根の下でサーブを打つのは感覚が違う」と不満をこぼした。

最終更新:9月27日(火)20時1分

スポーツ報知