ここから本文です

21歳・浜田、初尽くしの首位発進!初出場、初イーグル、初共同インタ

スポーツ報知 9月9日(金)6時5分配信

◆女子プロゴルフツアー 国内メジャー第2戦・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 第1日(8日、北海道・登別CC、6750ヤード、パー72)

 ツアー初優勝を狙うフレッシュな2人が好発進を決めた。昨年のプロテストに合格し、7日に21歳の誕生日を迎えたばかりの浜田茉優(まゆ)=白山ヴィレッジGC=が4アンダー68で自身初の首位スタート。プロ6年目の森美穂(23)=京セラ=が1打差の2位につけた。地元・北海道出身の藤田光里(21)=レオパレスリゾートグアム=ら2選手が2打差の3位で追う。

 21歳初のラウンド。プロ2年目の浜田が初めて尽くしの好発進だ。17番パー5、残り157ヤード。7アイアンで放った第3打がカップに消えた。ツアー初のイーグルで勢いに乗り、初の首位発進。初めて出席した共同インタビューでは「こんなスコアが出るとは思ってなくて、トップは違和感がある」とはにかんだ。

 スタート前は不安だらけだった。女子ツアー史上最長となる6750ヤードの難コース。フェアウェーは狭い上、約15センチもあるニラのようなラフが行き先を阻む。昨年7月のプロテストに合格したばかりで今大会は初出場。キャディーを務めた師匠の井上忠久コーチ(40)には「謙虚に欲張らずにいけ」と指示されていた。

 17番では慎重に攻めたことが奏功した。第1打はラフに埋まった。「3打目は距離が残ってもいいから、とにかくフェアウェーへ打とう」。2打目で的確にフェアウェーを捉えたから、初イーグルにつながった。ラフに入れてもボギーは1つ。安全策がはまった。

 昨年大会は、新人選手の義務である「ルーキーキャンプ」で18番グリーン脇のリーダーズボードの管理などに励んだ。「もう1年たったんだな…と思いました。明日も謙虚にいきたい」。好きな言葉は「受けた恩は石に刻め。かけた恩は水に流せ」。実るほどこうべを垂れ、残り3日間を欲張らずに戦う。(高橋 宏磁)

 ◆浜田 茉優(はまだ・まゆ)1995年9月7日、大阪府八尾市生まれ。21歳。祖母の影響で7歳からゴルフを始める。大阪学院大高卒。白山ヴィレッジGC所属。2014年のプロテストは1次試験で不合格。昨年7月に2度目の挑戦でプロテストに合格した。ツアー出場は今季からで最高位は24位。166センチ、62キロ。血液型O。家族は両親。

最終更新:9月9日(金)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]