ここから本文です

23歳・森「欲張らず」1差2位

スポーツ報知 9月9日(金)5時5分配信

◆女子プロゴルフツアー 国内メジャー第2戦・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 第1日(8日、北海道・登別CC、6750ヤード、パー72)

 ツアー初優勝を狙うフレッシュな2人が好発進を決めた。昨年のプロテストに合格し、7日に21歳の誕生日を迎えたばかりの浜田茉優(まゆ)=白山ヴィレッジGC=が4アンダー68で自身初の首位スタート。プロ6年目の森美穂(23)=京セラ=が1打差の2位につけた。地元・北海道出身の藤田光里(21)=レオパレスリゾートグアム=ら2選手が2打差の3位で追う。

 愛くるしい笑顔で、森が好プレーを振り返った。高校時代から約8年も愛用してる3、4Wなど4本のフェアウェーウッドを駆使し、自己ベストタイの69。「すごくいいリズムで回れた。欲張らずにやれたのが良かった」とニッコリ。

 前週まで6戦連続で予選落ち。本調子にはほど遠かったが、弱音は吐きたくなかった。2日、長兄・雄貴(26)が8度目の挑戦でプロテストを突破。次兄・博貴(25)は2014年に合格しており、これで3きょうだい全員がプロになった。「刺激になりました」と力に変えた。

 11年のプロ宣言後、キュートなルックスにも注目されてきたが「そういうのは、もういいです」と、ゴルフの内容に注目してもらうつもり。ツアーの最高位はアマだった09年樋口久子IDC大塚家具レディスでの17位。メジャーの大舞台で、自らの実力を証明する。

最終更新:9月9日(金)5時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]