ここから本文です

熊本で代表戦開催も…田嶋会長が義援金を贈呈

スポーツ報知 9月9日(金)6時5分配信

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(58)が8日、熊本県庁を訪れ蒲島郁夫知事(69)に震災復興に対する義援金3148万3949円の目録を贈呈した。代表選手の寄付763万円、5月にリオ五輪代表が行った慈善試合で経費を除いた収入869万3850円など。

 ハリルホジッチ監督、代表選手のサイン入りユニホームも手渡した田嶋会長は「サッカー界で何ができるか考え、義援金を集めました。ぜひ有効に活用していただけたら。(W杯最終予選の)タイ戦に勝ってこれて良かったです」と話し、今後は熊本での代表戦開催を考えていることを明かした。

最終更新:9月9日(金)6時5分

スポーツ報知