ここから本文です

かまいたち『歌ネタ王決定戦』4代目王者に 勢いバネにKOC決勝へ「階段昇っていきたい」

オリコン 9/8(木) 9:12配信

 「笑い」と「音楽」を融合させたネタで競う『歌ネタ王決定戦2016』の決勝が7日、大阪・MBSで生放送された。コント仕立てでAKB48やCMでおなじみの「海の声」などの替え歌を次々に繰り出したかまいたちが、4代目王者に輝いた。

【写真】コント仕立てのネタを披露したかまいたち

 今大会には、1210組がエントリー。かまいたち、シャンプーハットこいで、チョコレートプラネット、トット、どぶろっく、2700、まとばゆう、ゆたかな真也は一の介、ラニーノーズの9組が決勝へと駒を進めた。

 板尾創路、大友康平、ハイヒール・リンゴ、ヒロミ、円広志の5人の審査による1stステージで高得点を獲得したかまいたち(485点)、ラニーノーズ(465点)、ゆたかな真也は一の介(465点)の上位3組が最終ステージで激突。かまいたちとラニーノーズの2組がともに481点を獲得する展開となったが、ルールにより1stステージの得点が高かった、かまいたちの優勝となった。

 今年で、結成12年を迎えた同コンビ。濱家隆一が「ここ数年、賞レースの優勝から遠ざかっていたのでうれしいです。これを機に、ここからまた一歩ずつ頑張っていきたいです」と話すと、山内健司も「接戦になってドキドキしました。でも緊張でガチガチにならずに臨めたのがよかったと思います」と喜びをかみしめた。

 優勝賞金の300万円の使い道について話題が及ぶと、濱家が「これまでは、芸人らしくバッと使ってしまっていましたが、クレジットカードの審査に落ちたので、計画的に貯金して信用を取り戻したいです」と告白。山内も「今回は絶対に優勝してやろうと思っていたので、自分を追い込むために、スニーカーを中心に80万円ほどの買い物をしました。だから、その返済をしないと…」と恥ずかしそうに明かした。

 9日には『キングオブコント2016』の準決勝も控えているが、「毎週土曜日の生放送『せやねん!』に出演していますが、今週は、水曜日に歌ネタ王で優勝して、金曜日にキングオブコントで決勝進出を決めて、土曜日の『せやねん!』の生放送に臨みたいと思っていた。まずひとつ、達成できてよかった。これで弾みをつけて、階段を昇っていきたいです」と次なる目標に向けて気を引き締めていた。

最終更新:9/8(木) 9:12

オリコン