ここから本文です

ムロツヨシ、イベント開催も空席に嘆き「菅田将暉が欲しいか…」

オリコン 9月8日(木)11時15分配信

 俳優のムロツヨシと脚本家・監督の福田雄一氏が8日、都内で行われたAmazonオリジナルの連続ドラマシリーズ『宇宙の仕事』完成披露試写会に出席。同イベント内でトークショーを行った2人だが、定員80人の会場にも関わらず、半数にも満たない観客しか入っておらず「空席多いな!そうか、菅田将暉が欲しいか…」と共演者を引き合いに嘆いた。

【写真】イベントには福田雄一監督も出席

 同作は、地球侵略に来た異星人から地球を救うため、地球防衛軍に突然任命された個性豊かな6人の男女が奮闘する、宇宙をテーマにした物語。福田作品の常連であるムロをはじめ、菅田、賀来賢人、西野七瀬、池谷のぶえ、橋本じゅんといった旬な若手人気俳優と実力派俳優がズラリと顔をそろえる。

 先月7日に女優・榮倉奈々と結婚した賀来の話題になると、ムロが「今回の賀来賢人は見たことのないものになっているので、皆さんビックリすると思いますよ。それで、撮影が終わったら『結婚する』っていうから…」とポツリ。福田氏から「オレは撮影中に聞いていましたよ」と追い打ちをかけられると「あっ、そうなの。オレ聞いてなかった」と肩を落とした。

 福田作品の魅力について聞かれると、ムロは「福田脚本の喜劇っていうのは、ボケとかツッコミとかじゃない。入れ替わって、2人がボケになったりツッコミになったりして、時間によってズレていく」と力説。その後も「Amazonは、お金をたくさん出してくれる」などの“ぶっちゃけトーク”で盛り上げた2人は「これ(空席)が現実。ここから、また頑張っていきますから」とリベンジを誓っていた。

 同作は、きょう8日からAmazonプライム・ビデオにてシリーズ全10話が一挙見放題独占配信される。

最終更新:9月8日(木)11時26分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。