ここから本文です

DCコミックの人気キャラ、映画『ワンダーウーマン』17年夏公開

オリコン 9月8日(木)9時57分配信

 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』に続くDCコミックの人気キャラクターの映画第3 弾『ワンダーウーマン』の日本公開が2017年夏に決定した。

【写真】左から3人目がガル・ガドット

 全米で『最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキング』(※米チケット販売サイト「Fandango」調べ)によると、ハーレイ・クイン、デッドプール、ドクター・ストレンジなどを抑え堂々の第1位となったワンダーウーマン。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で鮮烈なデビューを飾った美女戦士がスクリーンを席巻する。

 ワンダーウーマンは、人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれ、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと成長。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが…。自身の持つ大きな力に気づいた美女戦士ワンダーウーマンは初めての世界で何を見て、何のためにその力を使うのか?

 監督はパティ・ジェンキンス。『モンスター』(03)で主演のシャーリーズ・セロンをアカデミー賞主演女優賞へ導いた実力派で、マーベル・スタジオからもオファーがあったと言われている注目の女性監督だ。主人公ワンダーウーマンを演じるのは、ミス・イスラエルにも選ばれた完璧な美貌を持ち、実際の兵役経験による“圧倒的”アクションセンスも持つガル・ガドット。彼女も「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と女性監督へ絶大な信頼を寄せている。『スター・トレック』シリーズ(ジェームズ・T・カーク役)のクリス・パインも出演する。

最終更新:9月8日(木)20時35分

オリコン