ここから本文です

【NBA】元NBA選手S.オーグモン氏、バックスのスタッフ入閣へ

ISM 9月8日(木)16時58分配信

 ミルウォーキー・バックスが、ジェイソン・キッドHCのスタッフとして、元NBAプレーヤーのステイシー・オーグモン氏を迎える予定であることが分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが伝えている。

 同サイトがリーグ情報筋の話をもとに伝えたところによると、オーグモン氏は今月下旬から始まるトレーニングキャンプ前に正式にチームに加わる見通し。同氏はこの夏、バックスのサマーリーグチームの指導に当たっていたという。

 オーグモン氏は昨季までの5シーズン、母校ネバダ大学ラスベガス校でアシスタントコーチを務めていた。NBAでは、デンバー・ナゲッツでアシスタントコーチを4シーズン務めた経験を持つ。

 現役時代にはNBAで15シーズンプレー。アトランタ・ホークス、デトロイト・ピストンズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、オーランド・マジックに所属。キャリア通算の成績は平均8.0得点、3.2リバウンドだが、デビューからの5シーズン在籍したホークスでは、通算で平均13.7得点、4.5リバウンドの成績を残した。

最終更新:9月8日(木)16時58分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。