ここから本文です

向井理主演『神の舌を持つ男』が映画化「またお付き合い下さい」

オリコン 9/9(金) 23:30配信

 俳優・向井理が主演し、きょう9日に最終回を迎えたTBS系連続ドラマ『神の舌を持つ男』(毎週金曜 後10:00)が12月3日に『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』として映画化されることがわかった。舌で舐めるとすべての成分を分析することができてしまう特殊能力=「絶対舌感」を持つ男・朝永蘭丸(向井)と奇想天外なキャラクターたちが温泉を舞台に事件を解決するギャグミステリーの世界観はそのままに、ドラマ版と同じく堤幸彦氏が原案・監督を務める。

ドラマ版完成披露時の向井理らキャスト

 最終回では唯一、口内細菌を気にすることなくキスできる相手・ミヤビ(広末涼子)に出会うも失恋した蘭丸は、温泉地で事件を解決し、腐れ縁で旅を続けていた甕棺墓光(かめかんぼ・ひかる/木村文乃)と宮沢寛治(みやざわ・かんじ/佐藤二朗)とも別れる。ひとり自分探しの旅の途中行き倒れてしまった蘭丸が、とある村で新たなる“口に合う女性”と出会うところから映画はスタート。村の温泉で働くこととなった矢先、またも事件が発生する。

 向井、木村、佐藤のおなじみメンバーに加え、今回のマドンナで美人村医者・武田竜胆(たけだりんどう)役として木村多江、全身ウェスタン風の衣装に身を包み多彩な山形弁を操る温泉旅館“菩辺美庵”(ぼへみあん)の若旦那・野々村龍之介に市原隼人、葛城ユキを神とあがめる女将に財前直見、村で採れる水工場の女社長に黒谷友香などが参戦。

 同作の正式タイトルは『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。いかにも堤ワールド全開なタイトルに決定した。

 撮影は6月、7月に静岡、京都、山梨などオールロケで敢行。向井は「さぁ、まさかの映画化です。更にスケールアップした映像と、夏のオールロケの過酷さ。存分に味わえること請け合いでございます。旅は道連れ世は情け。またお付き合い下さい、彼らの旅に」とコメント。堤監督は「キャスト・スタッフのこの作品にかける熱い想いはとどまる所を知らず、ついに映画になりました。引き続き、皆様の叱咤激励、ご支援を頂ければ幸いです」と呼びかけている。

最終更新:9/12(月) 17:00

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革