ここから本文です

プリテンダーズ、新作をリリース、スティーヴィー・ニックスとツアー開催

BARKS 9/11(日) 17:02配信

プリテンダーズが来月、8年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Alone』をリリースする。

◆『Alone』画像

新作は、クリッシー・ハインド(Vo)ほか、ジョニー・キャッシュのベーシストだったDave Roe、Russ Pahl(ペダル・スティール・ギター)、カントリー・ロッカーKenny Vaughan (G)、Leon Michels(Key)、Richard Swift(Dr)というラインナップで、ザ・ブラック・キーズのダン・オーバックがプロデュースし、ナッシュビルにある彼のスタジオEasy Eye Studioでレコーディングしたという。もともとクリッシーのソロ・アルバムになる予定だったが、プリテンダーズ名義でのリリースが決まったと言われている。

クリッシー・ハインドは、「レコーディングには2週間しかかからなかった。私のヴォーカルは2日でやった」「ロック・エクスペリエンスね。パンクの時代みたい」とBBCに話している。

プリテンダーズ10枚目のスタジオ・アルバムとなる『Alone』は10月21日に発売。その4日後から12月中旬まで、フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスと北米でジョイント・ツアーを開催する。

クリッシー・ハインドは水曜日(9月7日)、65歳の誕生日を迎えた。

Ako Suzuki

最終更新:9/11(日) 17:02

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]