ここから本文です

東村アキコ『東京タラレバ娘』が連続ドラマ化、主演は吉高由里子

CINRA.NET 9/8(木) 11:00配信

東村アキコの漫画『東京タラレバ娘』がドラマ化され、2017年1月から日本テレビ系で放送される。

【もっと写真を見る】

『Kiss』で連載中の『東京タラレバ娘』は、30歳・独身の脚本家・鎌田倫子を主人公にした作品。親友の香、小雪と共に「タラレバ」ばかりを言って女子会を繰り返してきた倫子が、ある日出会った金髪の若い男に「タラレバ女!」と言い放たれ、もがきながらも現実と向き合っていくというあらすじだ。

主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説『花子とアン』以来、約2年ぶりの連続ドラマ主演となる吉高由里子。脚本はドラマ『花咲舞が黙ってない』や『ごくせん』シリーズなどを手掛けた松田裕子が担当する。

吉高は自身の役どころについて「私は28歳ですが、同級生が結婚したりママになったりしていて『あ、そんな歳になったんだなぁ』と思う一方、ずっと仲の良い友人たちと一緒に歳を重ねているので、あまりピンと来なかったりもして...。そういった意味では、『タラレバ言いながら、女子会ばかりやってたらこんな歳になってしまった』という倫子と似ている部分もあるのかも、と思います」と日本テレビのオフィシャルサイトでコメントしている。

また原作者の東村は「と、東京タラレバ娘が...私の大大大好きな吉高さん主演でド、ドドドドドドラマ化だとお~っ!?全国のタラレバ娘のみなさん、水曜夜10時の女子会は禁止だァァ!!!」とのコメントを寄せている。

CINRA.NET

最終更新:9/8(木) 11:00

CINRA.NET