ここから本文です

小関裕太が『曇天に笑う』映画オリキャラ、福士蒼汰&古川雄輝の幼なじみ役

CINRA.NET 9月8日(木)12時9分配信

2017年に公開される本広克行監督の映画『曇天に笑う』の追加キャストが発表された。

【もっと写真を見る(2枚)】

今回出演が明らかになったのは、大蛇の発見と破壊を目的に結成された明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊「犲」の隊員・永山蓮役を演じる小関裕太。映画のオリジナルキャラクターとなる蓮は、福士蒼汰演じる曇天火や、古川雄輝演じる犲の隊長・安倍蒼世の幼なじみで、2丁拳銃を操る人物という設定だ。

小関は自身の役どころについて「なんといっても今回、原作にない映画オリジナルキャラクター。監督をはじめとするスタッフの方々からヒントを得ながら、『ムフッ』と笑う強気なキャラクターが生まれました」と明かしているほか、銃を使ったにアクションについては「アクションの種類として、刀とは全く別の動きだったのでなかなかの苦戦具合でしたが、銃口から火炎を放ちながら気持ちよくできました」とコメントしている。

唐々煙の同名漫画をもとにした『曇天に笑う』は、明治維新後の滋賀・大津を舞台に、人に災いをもたらす大蛇から町を守ろうと立ち上がった曇家の3兄弟と犲の隊員たち、大蛇の力で明治政府を転覆させようと画策する風魔一族の戦いを描く作品。福士、古川に加え、曇家の次男・空丸役の中山優馬、三男・宙太郎役の若山耀人、天火の親友・金城白子役の桐山漣、犲の副隊長・鷹峯誠一郎役の大東駿介がキャストに名を連ねている。

CINRA.NET

最終更新:9月8日(木)12時9分

CINRA.NET