ここから本文です

大竹しのぶが仏の古典悲劇に挑む、栗山民也演出『フェードル』

CINRA.NET 9月8日(木)12時40分配信

舞台『フェードル』が2017年4月に東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで上演される。

【もっと写真を見る(2枚)】

『フェードル』は、フランスの劇作家ジャン・バティスト・ラシーヌが古代ギリシャの詩人エウリピデスの悲劇『ヒッポリュトス』から題材を得て作り上げた17世紀の戯曲。名声に輝く王テゼの妻・フェードルの禁断の恋が描かれる。

義理の息子であるイッポリットに恋し、苦しんだ末に想いを打ち明ける主人公のフェードルを演じるのは大竹しのぶ。演出を舞台『ピアフ』で大竹とタッグを組んだ栗山民也が手掛ける。チケットの発売は2017年1月を予定している。

■大竹しのぶのコメント
「しのぶちゃん、古典をやってみない」
もう何年も前に、栗山さんに言われた言葉です。
その夢が叶い「フェードル」に出逢えることに、今からワクワクしています。
肉体と感情をこれでもかと動かし、演劇の原点とはこういうものなのかと思って頂けるよう、私自身が体感できるよう、頑張ります。

CINRA.NET

最終更新:9月8日(木)12時40分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。