ここから本文です

フィリップ・ガレル監督の新作映画、映像作家の男と妻&愛人の関係性描く

CINRA.NET 9/8(木) 20:35配信

フィリップ・ガレル監督の映画『パリ、恋人たちの影』が、2017年1月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『ヴェネチア国際映画祭』銀獅子賞に輝いた『ギターはもう聞こえない』や、『夜風の匂い』『恋人たちの失われた革命』など数多くの作品を発表しているフィリップ・ガレル。公私共に良きパートナーであるドキュメンタリー作家のピエールと妻マノンを軸にした『パリ、恋人たちの影』では、ピエールが若い研修員のエリザベットを愛人にしたことをきっかけに、2人の関係性が変化していく様が描かれる。

ピエールがエリザベットと会っているところを目撃する妻マノン役を演じるのはクロティルド・クロー。妻と別れるつもりもなく、罪悪感のないままエリザベットとの関係を続けるピエール役をスタニスラス・メラールが演じる。

共同脚本には、ルイス・ブニュエル監督の『昼顔』、ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手に逃げろ/人生』などに参加しているジャン=クロード・カリエールが名を連ねている。また撮影監督は、エリック・ロメール監督の『満月の夜』、ルイ・マル監督の『さよなら子供たち』などを手掛けたレナート・ベルタが担当。なお同作は『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間に正式出品された。

CINRA.NET

最終更新:9/8(木) 20:35

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]