ここから本文です

代打弾イチローに称賛の声 MLB16年の偉業で「私たちの心に住みついている」

Full-Count 9/8(木) 7:10配信

24年連続本塁打、「あなたでいてくれてありがとう、イチロー」

 6日(日本時間7日)の本拠地フィリーズ戦で代打で今季1号本塁打を放ったマーリンズ・イチロー外野手に称賛の声が寄せられている。MLB公式の動画サイト「Cut4」が伝えている。

イチローは歴代27位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 この日、10試合ぶりにベンチスタートとなったイチローは3点を追う8回無死一塁の場面で代打で登場。右腕ネリスの4球目を捉え、右翼席へ運んだ。昨年4月29日のメッツ戦以来となる一発だった。

 メジャー16年連続、オリックス時代からは24年連続の本塁打で、メジャーでの代打弾は初めて。この場面について特集を組んだ「Cut4」は「(メジャー)2480試合目にして、イチロー・スズキはかつてないことを成し遂げた」と代打本塁打を称賛。「イチロー・スズキはキャリアを通じて多くのことを成し遂げてきた。2001年にマリナーズでデビューしてから16年目が経ち、彼は私たちの心の中に住みついている。先月、彼はMLB通算3000安打を達成した。しかし、彼自身まだ未達成の一流の偉業が残されていた」とレポートしている。

 本塁打直後のベンチではチームメイトも祝福。特集ではイチローを慕うオズナがベテラン外野手に対して3度お辞儀する動画も紹介しており、「オズナはイチローと一緒にプレーができて、いつも楽しそうだ」と伝えている。

 チームはイチローの一発で1点差に詰め寄ったが、最後まで追いつけずに敗戦。それでも、大きな見せ場を作った42歳に「あなたでいてくれてありがとう、イチロー」と最大級の賛辞が贈られている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/8(木) 7:10

Full-Count