ここから本文です

ヒエ~!!真夜中の墓地に「白い影」

ミニ事件簿 9月8日(木)15時24分配信

 ある雨の降る深夜、大分中央署の男性署員がパトカーでパトロールをしていた時のこと。墓地の横を通り過ぎた際、視界に「フワッ」と動く白い影が入ったように感じた。一緒にいる後輩は気付いていない様子。状況を説明し、怖がる後輩にUターンさせて確認に向かった。そこにいたのは白いかっぱを着て、散歩をしていた中年女性。後輩ともども幽霊じゃないと分かり、ひと安心。「夏の夜だけに、肝を冷やしたよ」と署員も苦笑い。

大分合同新聞社

【関連記事】

最終更新:9月8日(木)15時24分

ミニ事件簿